1. >無精子症外来

無精子症外来

無精子症とは、精液中に精子を認めない状態のことを言います。

無精子症は、大きく2つに分類されます。
すなわち、精子は作られているが精子の通り道に問題が生じている「閉塞性無精子症」と、精巣そのものに精子を作る機能がないか著しく機能低下が生じている「非閉塞性無精子症」に分類されます。

  閉塞性無精子症
(Obstructive azospermia:OA)
非閉塞性無精子症
(Non obstructive azospermia:NOA)
概要 精巣で精子は作られているが、精子の通り道(精管)に問題が生じている。 精巣そのものに精子を作る機能がない、もしくは機能が著しく低下している。
割合 無精子症の15%程度 無精子症の85%程度
診断方法 精子検査、問診、視診、触診、ホルモン検査、染色体検査 精子検査、問診、視診、触診、ホルモン検査、染色体検査
原因
  • 精巣上体炎後の閉塞
  • ヘルニア手術の後遺症
  • 先天性精管欠損
  • パイプカット
    etc
  • 多くは原因不明
  • 染色体異常… 無精子症患者の内、8~15%程度の頻度で染色体異常が認められる。最も頻度の高いものがクラインフェルター症候群(通常よりX染色体が1本多いことで生じる)。
対処法
  • TESE(精巣内精子回収法)…精巣を切開し精子を採取する手術法です。手術時間も短時間ですみます。閉塞性無精子症の場合、当該手術によりほぼ確実に精子を採取できます。
  • 閉塞箇所を再吻合する精路再建手術

MD-TESE(顕微鏡下精巣内精子回収法)…手術用顕微鏡を用いて精巣から精子を採取する手術法です。非閉塞性無精子症の場合は、精子が存在する場所が限られているため、手術用顕微鏡を用います。30~40%程度の割合で精子の採取ができます。

事前診断  

AZF(Y染色体微小欠失)検査…
採血により検査を行います。当該検査により、精子を回収できないことを判断することができます(精子を回収できることの判断はできません)。

診察の流れ

1. 初診時

  • 男性不妊一般検査
  • 基本精子検査(精液全量を遠心して、精子の有無をくまなく確認します)

↓

2. 検 査

男性不妊一般検査は2週間、基本精子検査は2時間程度で結果が判明します。

↓

3. 結果再診

  • 男性不妊一般検査及び基本精子検査の結果に基づき、診断を行います。原則として、精子検査は間隔をおいて2度行い、無精子かどうか診断します。
  • 閉塞性精子症の疑いが強い場合には、提携医療機関などでTESE(精巣内精子回収法)等を行います。

↓

4. 染色体検査

染色体検査(Gバンド法)

染色体検査(AZF)

↓

5. 検 査

染色体検査(Gバンド法)、染色体検査(AZF)は各々1週間(再検査の場合には2週間程度)で結果が判明します。

↓

6. 結果再診

確定診断(MD-TESEによる精子採取の可能性の有無の判断)

染色体検査

染色体検査

採血(約10㏄)により検査を行います。
非閉塞性無精子症の場合、遺伝学的検査を受けることにより、遺伝的な異常の有無を確かめる必要があります。男性不妊患者の場合、通常と比較し高い頻度で染色体異常が認められます。
最も頻度の高いものがクラインフェルター症候群と呼ばれるものです。
正常男性の染色体の構成は「46,XY」(染色体の総数が46本、性染色体の構成がXY)であるのに対し、クラインフェルター症候群の場合X染色体が1本多く「47, XXY」(染色体の総数が47本、性染色体の構成がXXY)となっています。

おおよそ1,000人に一人の確率で発生するとされています。

AZF(Y染色体微小欠失)検査

採血により検査を行います。
Y染色体にあるAZF遺伝子(azoospermic factor:無精子症因子)は、精子の形成に関与しています。AZFは、3つの領域(a,b,c)から形成されており、そのうちa領域(AZFa)やb領域(AZFb)が欠失しているケースでは無精子症になることが分かっています。c領域(AZFc)が欠失しているケースでは、精子の回収が可能なことがありますが、生まれた子が男児の場合は遺伝する可能性があります。

(出典:株式会社医学生物学研究所 「GENOSEARCHTM AZF Deletion」の説明資料)

検査費用

初診時:男性不妊初診検査
(基本精子検査+男性不妊一般検査)

43,200円(税込)

※男性不妊初診時のみの特別セット価格になります。

染色体Gバンド

43,200円(税込)

染色体AZF

54,000円(税込)

PAGE TOP