〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町1-5-7F
(JR秋葉原駅昭和通り口徒歩4分、岩本町A6出口徒歩10秒

受付時間
11:00~18:00
 定休日  
無し

  お気軽にお問合せください  

03-6262-0745

30代の不妊治療

子供が欲しくてもできない・・・1年以上普通に夫婦生活をしても子供ができない場合、不妊の可能性があります。

30代は仕事にも忙しく、やる事が多い年齢です。

30代で不妊治療をする場合は、どんなことに注意したらいいのでしょうか?


30代の妊娠率は

30代の妊娠率は35歳よりも若いのか?によって大きく変わってきます。

30代前半の自然妊娠率は、25~30%前後となっています。しかし、30代は後半になってくると、妊娠の確率が一気に減ってきます。

男性も女性も35歳を過ぎると、妊娠する確率が減ってきます。そもそも、健康な夫婦でも自然妊娠の確率は20~30%程度です。かなり低い確率といえます。


30代で受けられる助成金とは

30代の不妊治療には「特定不妊治療費助成制度」を活用するのがオススメです。

「特定不妊治療費助成制度」とは、不妊治療を受ける人のお金の負担をへらすための制度です。

体外受精・顕微授精にかかる費用の一部を国が負担してくれます。

国が実施する『不妊に悩む方への特定治療支援事業』に基づき、都道府県、指定都市、などが運営をしています。

・夫婦の世帯年収が730万未満

・特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、または極めて少ないと医師に判断された夫婦であること

が条件になります。世帯年収が高い家庭は、「自分で支払いをしてね」という制度です。自治体によって補助金や治療できる回数、年齢の上限などが変わる可能性があるので、住んでいる自治体のホームページなどを調べてみましょう。


30代での妊活の注意点とは

30代の夫婦の場合、20代に比べると、夫婦生活の回数がへってきます。さらに、仕事が忙しく、帰ってきたら疲れてねてしまった・・・なんてこともあります。

30代の夫婦で多いのが、旦那が協力的ではない・・・という不満です。

30代は20代の頃よりも仕事が忙しく役職などについている可能性があります。とくに中間管理職の場合は、上からも下からも圧力があり、仕事は忙しくなくても、精神的に疲れていたりします。

そこに来て、妻から「子供が欲しい」というプレッシャーを受けると、男性は、精神的になえてしまいます。30代の夫婦の場合は、男性にあまりプレッシャーをかけすぎない事が大切です。


30代は何を準備したらいいのか

30代で妊娠をしたいとお考えなら、まず、精子や卵子、妊娠のメカニズムについてなどをきちんと理解しておくことが大事です。

治療の方法も「タイミング療法」「体外受精」「顕微授精」など様々あり、それぞれにメリットやデメリットがあります。特に注意したいのが、30代は前半と後半で治療の方法、ステップアップするタイミングなどが変わることです。

30代の後半38や39になると、妊娠する確率がかなり減ってきます。

何事もあせってしまうと、間違えてしまうのが人間です。不妊治療は、精神的、金銭的な余裕をもって取り組むようにしてください。


40代になると、とにかく「あせる」

30代の前半は妊娠する確率もまだ高いので、そこまで焦りが少ないかもしれませんが、40代になると話は変わってきます。

40代の不妊治療はとにかく焦ってしまうことが多く、精神的にもつらくなることが多いです。高齢での出産はリスクもあり、流産や奇形児の可能性も増えてきます。

女性は閉経を迎えるのが50歳前後です。子供が産める時間は限られています。40代で不妊治療をする場合、「47歳まで続けて、できなかったらあきらめる」など、時間と費用を決めて妊活や不妊治療をおこなったほうがいいかもしれません。


まとめ

30代の不妊治療は30代の前半と後半で心構えが大きく変わってきます。30代は何かと仕事も忙しく、時間にゆとりがない人が多くなります。

時間にゆとりがないと、心にゆとりが出ません。不妊治療には、心のゆとりがとても大切です。時間があるときに、治療や妊娠のメカニズムについてよく調べ、適切な判断をするようにしてください。そして、妊娠する確率が高い時期になるべく不妊治療を適切に行うようにしてください。


以下のページもご覧ください

治療メニューのご案内

当院の治療メニューについてご紹介しております。

検査メニューのご案内

当院の検査メニューについてご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6262-0745
受付時間
11:00~18:00
定休日
無し