〒101-0033 千代田区神田岩本町1-5-7F
(JR秋葉原駅昭和通り口徒歩4分、岩本町A6出口徒歩10秒

受付時間
11:00~18:00
 定休日  
無し

  お気軽にお問合せください  

03-6262-0745

40代不妊治療の現実とは?

40代で不妊治療をしたいと考えている人は多いのではないでしょうか?

しかし、仕事がなかなか休めない・・・年齢なので、すぐにステップアップしたほうがいいのか?焦りと不安でいっぱいかと思います。今回は40代で不妊治療をする場合の注意点についてです。


40代の妊娠率は

40代の妊娠率は30代に比べると低くなってしまいます。

SRM(アメリカ生殖学会)によると、年齢と自然妊娠には相関関係があると考えられています。一般的にも30代を過ぎてくると、「子供ができづらくなる」というのは、よく知られている事かもしれません。

男性も女性も35歳を過ぎてくると、精子も卵子も劣化がはじまってしまいます。もともと、女性の卵子は生まれた時に卵子数が決まっていて、年齢を重ねるごとに、卵子の数は減っていきます。卵子の数は思春期には30万個ほどになり、毎月数百個のレベルで減っています。

個人差はありますが、35歳になると、卵子の数は13万個になると言われています。男性も女性も年齢を重ねると自然妊娠の確率は、どんどん低くなっているのが現実と言えます。

下のグラフは一般的な妊娠率です。妊娠は、35歳がひとつの区切りとされていますが、40歳になると、自然妊娠の確率はさらに減ってきます。

男性も40代になると、性欲が衰えていますので、夫婦生活の回数も減ってきます。男性と女性ともに40代の場合、なるべく早めに不妊治療に取りかかるのがよいとされるのも自然妊娠の確率が低いとされているためです。しかし、一般的な確率であり、人によって差があるので、妊娠ができないわけではありません。


すぐにステップアップした方がよいのか

40代の不妊治療をする場合、まず大切なのが、お金です。不妊治療にはお金がかかります。お金に余裕があるのなら、体外受精などの高い治療にも取り組んでいけますが、お金があまりない場合は、タイミング療法などあまりお金がかからない方法で取り組む必要があります。

国には、不妊治療を支援する助成制度がありますが、以下の様になっています。

平成2841日から(過去に助成を受けた方を含め、全ての方に適用されます。)

妻の年齢が39歳までに1回目の助成を受けた方 6回まで
妻の年齢が40歳から42歳までに1回目の助成を受けた方 3回まで
ただし、1回の治療期間の初日における妻の年齢が43歳以上で開始した治療は全て助成対象外です。

 ◎初回の助成上限額拡大(30万円)についての注意点

複数回の治療を受けた場合、「治療終了日」の早い順番で承認されます。1回目として助成を受けた治療よりも前に終了していた治療を 後から承認することはできません。申請にはご注意ください。

となっています。

東京都・・・43歳以上は助成制度の対象外

という事です。40代は金銭的にも負担がかかるので、なるべくよい治療方法を探し、取り組む必要があると言えます。


体外受精の金額は

40代で不妊治療をする場合、時間がないので、すぐにステップアップした治療をしたほうがいいのでは?と思うかもしれません。治療の金額は以下のようになっています。 

タイミング療法1周期あたり):1万〜2万円

人工授精1周期あたり):2万〜4万円

・体外受精(受精卵の凍結も含む):2080万円

・胚移植(1周期あたり、薬代も含む):12万〜16万円

となっています。治療金額については、特に平均というものがありません。人によって様々です。普通は、タイミング療法からスタートして、ステップアップしていく流れになります。


40代の妊娠はとにかく「あせる」

40代の不妊治療はとにかく焦ってしまうことが多く、精神的にもつらくなることが多いです。高齢での出産はリスクもあり、流産してしまう可能性も増えてきます。

女性は閉経を迎えるのが50歳前後です。子供が産める時間は限られています。40代で不妊治療をする場合、「47歳まで続けて、できなかったらあきらめる」など、時間と費用を決めて妊活や不妊治療をおこなったほうがいいかもしれません。


高齢出産は増えている

少子高齢化がすすんでいる日本では、高齢出産は増えています。

1980年は夫が27歳、妻が25歳で子供を産むのが平均でした。しかし現在では、夫が31歳、妻が29歳と年齢が上昇しています。さらに、この年齢については毎年上がっています。

結婚する年齢が上がるのには、理由があります。

1980年代は日本は高度経済成長期にあり、テレビ、洗濯機、車など様々な日曜製品が売れる時代であり、消費の意欲も盛んでした。

テレビのチャンネルは数が制限されていたため、ドラマの世界感が消費を支えていました。「みんな」と同じであることがステイタスであり、大量生産、大量消費の社会でした。

しかし、バブルが崩壊し、テクノロジーが進化していき、大量消費の時代が終わり、個別消費の時代になっていきました。平均所得は下がり、将来に希望を持てない若者が増え、家庭をつくることが、一つの選択肢となる時代になりました。晩婚化や少子化は現代の若者にお金が回らないために起きています。

結婚して子供がほしくても、経済的に余裕がないので、結婚ができないのです。フランスなどと違い、結婚しないと子供を作ってはいけないという倫理観がある日本では、出生率は増えません。

高齢出産が増えてしまう原因は、社会や国家にもあり、社会問題でもあるのです。


まとめ

40代の不妊治療は、妊娠する確率が減ってしまい、国からの助成金も少ない・・・というのが現実です。

高齢化して、結婚年齢が上がっている現代では、30代の後半になってから「子供がほしい」と思う人も増えています。しかし、女性の身体、女性が妊娠できる期間は時代とともに変化していません。

残念ですが、40代は子供がいない生活についても、考える必要があります。子供ができないと覚悟をもちながら、治療をすると、精神的にも追い詰められすぎません。「どうしても欲しい」と力が入りすぎてしまうと、夫婦関係もギクシャクしてしまいます。子供は夫婦の協力があってできるものです。精神的にも経済的にも負担をかけすぎず、余裕をもった治療方法をおすすめします。


以下のページもご覧ください

治療メニューのご案内

当院の治療メニューについてご紹介しております。

検査メニューのご案内

当院の検査メニューについてご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6262-0745
受付時間
11:00~18:00
定休日
無し