〒101-0033 千代田区神田岩本町1-5-7F
(JR秋葉原駅昭和通り口徒歩4分、岩本町A6出口徒歩10秒

受付時間
11:00~18:00
 定休日  
無し

  お気軽にお問合せください  

03-6262-0745

AMHとは

卵子の質を検査するわけではない

AMHとは、アンチミューラー管ホルモンの略です。発育中の「卵胞」から分泌されるホルモンの値です。これは卵胞が成長するときに出るホルモンです、AMHの値が高いほど、卵子の数が多いと考えられています。

卵子のおおよその数を知るにはよい検査と言えます。

しかし、注意が必要なのが、卵子の数がおおまかわかる検査であり、卵子の質を検査するものではない。という事です。

AMHは卵子の数がどのくらいあるのか?という、ひとつの指標になります。しかし、卵子が順調に育つのか?については、AMHの値ではなく、年齢に関係してきます。年齢が高くなると、AMHの値は良いのですが、卵子が順調に育つ確率が減ってしまいます・・・同じAMHの値でも、若い人の方が、妊娠しやすいという傾向にあります。


AMHは低くても妊娠する人がいる

AMHが低いと妊娠しない・・・と思っている人がいますが、これは間違いです。

AMHの値が非常に低い状態でも、妊娠をしている人は多くいます。卵の数が少ない場合、不妊治療をできる年齢が限られてきます。つまり、早めにステップアップするなどの対策が必要となってきます。


AMHには誤差がある

AMHは誤差が大きい

AMHは他のホルモンと違い、月経周期のいつ測定しても大丈夫な「血液検査」です。時期や月経の周期によって大きく変動することもありません。
卵胞は、原始卵胞から一次卵胞、二次卵胞、胞状卵胞へと、常に一定の割合で成長しています。

AMHは小・前胞状卵胞から分泌され、910mmぐらいまで卵胞が大きくなると分泌されなくなります。

AMHはその誤差が大きい特徴があります。

精子の検査は、人によっては検査結果に波がある場合があります。ちなみに、精子の場合は、23度ほど検査して平均値を出すことが推奨されています。


AMHが高すぎる場合は

年齢が若くAMH値が高ければよいかというと、そうではありません。
AMH値が4.05.0ng/ml以上ある場合は、多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)の可能性があります。
「多嚢胞性卵巣症候群」は、排卵ができずに、卵巣内に多くの卵胞がたまってしまう事でおこります。月経の異常や不妊の原因となります。23月生理が来ない人は、「多嚢胞性卵巣症候群」になっている場合があります。

    年齢
1.0PM(ピコモル) 0.14ng/ml  
5.0PM 0.7ng/ml 45才以上
10.0PM 1.4ng/ml 40~45
20.0PM 2.8ng/ml 35~40
40.0PM 5.6ng/ml 30~35

AMHについて

AMHについてはいかがでしたか?卵は年齢とともに減っていきますので、卵のおおよその数を調べるのにAMH検査が適している事がわかっていただけたかと思います。

AMHは数を調べるのであり、質を調べる検査ではありません。AMHの値が低いからと言って、がっかりすることはありません。


以下のページもご覧ください

治療メニューのご案内

当院の治療メニューについてご紹介しております。

検査メニューのご案内

当院の検査メニューについてご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6262-0745
受付時間
11:00~18:00
定休日
無し