〒101-0033 千代田区神田岩本町1-5-7F
(JR秋葉原駅昭和通り口徒歩4分、岩本町A6出口徒歩10秒

受付時間
11:00~18:00
 定休日  
無し

  お気軽にお問合せください  

03-6262-0745

精索静脈瘤とは

男性不妊の大きな原因となっているのが、精索静脈瘤です。

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)とは、精巣から心臓にもどる静脈(蔓状静脈叢(つるじょう じょうみゃくそう)内の血液が逆流してしまうことでおこります。

男性不妊の40~50%が、精索静脈瘤が原因と言われています。2人目ができない大きな原因も、精索静脈瘤と言われています。


精索静脈瘤

血液が逆流をしてしまうと、精巣(せいそう)の周りに静脈のこぶができてしまいます。

お腹から逆流したあたたかい血液がとどまって、精巣の温度を上げてしまいます。 すると精子を作るのに、とても悪い影響をおよぼします。 

精索静脈瘤は、よほどひどくならないかぎり、痛みなどの目立った症状がない場合が多く、自分で気が付かない・・・という方が多いのが特徴です。

自覚症状がある場合、陰嚢部(いんのうぶ)の重圧感、不快などがあります。陰嚢の上の方で、蔓状静脈叢(つるじょうせいみゃくそう)がミミズ腫れ・鬱血(うっけつ)するなどの症状が見られます。

 一般の男性でも約15%が「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」であると言われています。

薬で不妊治療をしていても、なかなか子供ができない・・・二人目の子供ができない・・・顕微授精を何度してもダメだった・・・という場合、精索静脈瘤を一度でいいので、疑ってみましょう。

特に顕微授精等の一回50万円以上するような治療を何度もうまくいかなかった方がしらべてみると、重症な精索静脈瘤があったというケースがよくみうけられます。

奥さんの負担を考えると、できるだけはやめに調べることをおススメします。


精索静脈瘤の原因とは

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)の原因とは何でしょうか?

精索静脈瘤は睾丸(こうがん)から「腎静脈」へと向かう精索静脈の血液のめぐりに問題があり、静脈内の血液が逆流してしまうことが主な原因のひとつです。

血液は逆流をしないために、「弁(べん)」と呼ばれる機能があります。
この弁が、加齢などの理由で、機能が低下してしまうことがあります。すると血液が逆流を起こしてしまう場合があります。

睾丸には「精索」という血液の束があります。血液が逆流してしまうと、精索に「こぶ」ができてしまう事があります。

「こぶ」ができてしまうと、悪いことがあります。

お腹などであたためられた血液が精巣に逆流してし、精巣の温度がどんどん高くなってしまうのです。すると、精子を作る機能が低下してしまいます・・・

 

精子は熱に弱いことをご存知でしょうか?

精巣が温められてしまうと、精子を作る機能が低下してしまいます。

精巣は、ふだん約3234℃に保たれるようになっています。体温よりも2℃ほど低い温度が良いとされています。

精巣が温められてしまうと、精巣の温度が体温と同じ約3637℃になってしまいます。

精子は高温に弱いので、37℃に近くなると機能が半減してしまいます。

すると、元気な精子、優秀な精子がうまく作られなくなってしまいます。これが、精索静脈瘤と言われている症状です。精子は約80日かけて、「精巣」で作られます。さらに射精するには、40cmほどもある精子の通り道をへて、尿道から射精されます。

この、精子の道に障害、問題がある場合に不妊の原因となってしまいます。

「精索静脈瘤」は多くの場合、自覚症状がないので、見逃してしまうことがおおいのです。


精索静脈瘤のグレード(重症度)とは

精索静脈瘤は、程度によってグレード1~3に分類されます。グレードが高いほど、症状が重く、場合によっては手術などが必要になります。

グレード1 立位腹圧負荷で触り、確認できる
グレード2 立った状態でさわり、確認ができる
グレード3 視診で静脈瘤を確認できる

グレード2以上になると、精子検査の結果次第では、外科手術での治療をすることで、効果があると言われています。

また、触診ではわからず、超音波(エコー)検査で発覚する精索静脈瘤を、サブクリニカルな精索静脈瘤といいます。
症状としては、多くの場合が無自覚なので注意が必要です。

精索静脈瘤は程度が重くなると 「陰のう部」 に不快感や痛みを感じることがあります。 また、目で見える症状としては、「 陰のう上部」にある「蔓状静脈叢」がうっ血してしまいます。うっ血すると、「陰のう表面」に こぶ(瘤)状に静脈がみえることがあります。

また、精巣の静脈は左右で違いがあり、通常「左側」にみられることが多いとされています。


精索静脈瘤の検査は経験のある医師にお願いしましょう

精索静脈瘤のグレード(重症度)は、非常に繊細であり、熟練された先生でないとできません。

検査技師が超音波を行っている施設がありますが、精索静脈瘤の検査は、かならず医師に、それも精巣の専門家である、泌尿器科の先生にお願いしましょう。                                                                                  

泌尿器科の先生でもすべての先生が正確にグレードをつけられるわけではありません。触診やエコー検査を組み合わせて判断できる、ノウハウがあるのです。

男性不妊外来で、長く診療している先生に診てもらうことが大変重要です。

手術をするべきといわれても、納得がいかない場合には、セカンドオピニオンをお願いできる病院に相談してみましょう。

人生に一度するかしないかの手術ですから、できるだけ自分にとってベストのやり方をえらぶことをおススメします。


精巣は温めない方がいい

長い時間 座っている人は注意が必要

最近はITの普及によって、エンジニアやプログラマーになる人が増えています。人工知能や自動運転の技術など最先端のスキルは、エンジニアによって生み出されています。

エンジニアやプログラマーは長時間、椅子に座って仕事をしている人が多いはずです。しかし、これがあまりよくありません。椅子に長い時間座っていると、精巣が長時間、あたためられてしまいます。熱がこもり、精巣を温めてしまうわけです。

精巣は熱に弱いので、長時間「イス」に座っていると、精子を作る機能が低下する可能性があります。

SE(システムエンジニア)や経理、デザイナーなど、イスに長く座っている職業の人は特に注意が必要です。

定期的に、休憩をとり、一時間に一度はかならず立ち上がりましょう

精巣の鬱血(血がたまった状態)を解消させてください。

さらに、自転車のサドルなども、精巣にとってはよくありません。長時間の圧迫などには、注意が必要です。精巣は熱に弱い・・・という事実も合わせて覚えておくようにしましょう。


精索静脈瘤のチェック方法(自己検診)とは

痛みが少なく、自分では気がつきづらい、精索静脈瘤の症状ですが、ではどのように、自分でチェックしたらいいのでしょうか?

・陰嚢(いんのう)サイズが左が小さい

・陰嚢の表面にしわがより、でこぼこしているような気がする

・立ち上がった時に、たまに痛みを感じる

・陰嚢の表面触るとぶよぶよとしたこぶのようなものを感じる

 精索静脈瘤がひどくなると、ミミズのようなものが陰嚢(いんのう)部分に見られるようになります。目で見てわかる場合は、かなりグレードが進行している可能性があります。

このような状態が続いている場合、いちど病院やクリニックで検査をしたほうがよいかもしれません。


二人目が生まれない

二人目の子供ができなのはなぜ?

兄弟がいた方がいいので、そろそろ二人目がほしい。しかし、いつまでたっても、2人目ができない・・・

そんなときは精索静脈瘤を疑ってみましょう。

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)になると、2人目の子供ができない・・・という症状が起こる場合が結構あります。

2人目不妊の方の多くに、精索静脈瘤が原因としてみられます
一人目の時は「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」による悪影響がまだ少なかったため妊娠できた方が、そのまま放置したため、数年後には重度な精索静脈瘤になってしまい、精液所見が悪化して2人目ができない・・・という事例が多くあります。


精索静脈瘤の治療法とは
~精子検査との総合判断が必要です~

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)の治療は、グレード(1~3、3が最も重症)によって変わってきます。グレード1(軽症)の場合は、さほど気にすることはないようですが、それでも精子には悪影響を及ぼす可能性があるという報告があります。
少しでも精子の質をよくしたいということであれば、サプリメントや血流を良くする漢方による薬物療法がオススメです。最近では、漢方よりもサプリメントの方が良いデータがでているようです。

グレードが2以上になると、逆流の程度や精巣の状態、精子検査の結果によっては、外科手術をすすめられることがあります。

自分で判断ができればよいのですが、医師の診断が必要な場合がほとんどです。特に熟練された男性不妊を専門とする医師にしっかり診断してもらい、手術を受けるかどうかを検討しましょう。

精索静脈瘤のグレードが3(重症)の場合は、ご夫婦の年齢や精子検査の結果が非常に良くない限りは、できるだけ外科手術をすることを勧められることが多くなります。 

状況によって、治療方法は変わるので、専門の医師に診断してもらうことがよいと思います。

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)の治療をした場合、治療を受けてから精液所見の改善がみられるまで半年以上かかることがあります。

不妊治療をする場合、体外受精、人工授精の前にかならず考えておきたい治療のひとつと言えます。


精索静脈瘤の手術費用

精索静脈瘤の治療金額は、手術の種類によって違ってきます。日帰り手術と23日、腹腔鏡手術では約一週間程度の入院による手術などがあります。

手術の方法によって保険が適用される場合と適用されない場合があります。代表的な手術は下記の3つです。

血管を処理する位置が高いのか、低いのか?によって違ってきます。

 

高位結紮術(せいさくじょうみゃくりゅう こういけっさつじゅつ)

へそ脇あたりの腹部の切開します。腎臓に近いほうの精巣静脈を縛る方法です。リスクとしては、精巣水瘤や再発のリスクなどが低位に比べて10倍以上発生する報告があります。全身麻酔で、2~3日間の入院で手術を受けることができます。

手術の難易度は低く、治療は8~18万円前後になります(病院によって違います)。低位結紮術に比べて、傷が倍くらい大きくなる、筋膜を切ったりするので術後の痛みが大きい等がデメリットになるかもしれません。

ただし、再発率も15%程度と高いことから、手術を低位結紮術でやり直すことになり、結局割高になるケースもあるので施設の手術実績を確認してください。

 

 

低位結紮術(せいさくじょうみゃくりゅう ていいけっさつじゅつ )

そけい部(足の付け根あたり)のを小さく切開して精巣に近い静脈を縛る方法です。骨盤から出てきた静脈の部分を遮断します。リンパ管の温存ができ、術後に陰嚢水腫の発生率をほとんど無くす事ができます。再発率も熟練した医師が手術を行えば、ほとんどありません。

低位とは、精索静脈瘤を結紮する位置が低いという事です。足の付け根に近い部分の手術を行います。
精巣に近いため、細い血管がたくさんあり、動脈やリンパ管を一本づつ温存して、静脈を結紮するには、手術用顕微鏡や、ドップラーエコーを使用しなければなりません。(ここまで丁寧に手術を行っている施設は実際はほとんどありません。)

手術は1時間から1時間半程度の非常に大変な作業になりますが、静脈のしばり残しが少なく、治療効果も高く、患者さんにとってメリットの多い治療になります。手術費用は、高度な精密機器を使用するため、25~40万円になります。
施設によってはまとめて縛ってしまう医療機関もあります。あまりにも手術時間が短い施設については、注意が必要です。

術後の痛みが少なく、傷も約2センチ程度と小さくでき、合併症が少ない点も高位結紮術に比べて優れた治療といえるかもしれません。

 

腹腔鏡下精索静脈瘤手術(ふくくうきょうか せいさくじょうみゃくりゅう )

腹腔鏡を使って、腹部またはそけい部の精巣静脈を縛る方法です。腹腔鏡手術とは、お腹の周辺から直径210mmの内視鏡を腹腔内に挿入します。テレビモニター上に映し出された映像を見ながら手術を行う新しい術式です。腹腔鏡手術は今までの手術よりも皮膚を切る面積が少なくて済みます。さらに回復が早く、入院する日数が減ります。
腹腔教手術は、開腹手術に比べて、高い技術が必要です。経験の少ない医師が担当すると、重篤な副作用が起こるリスクもあり、非常に高度な技術を持つ医師が執刀することになります。

精索静脈瘤の治療に、このような術式を採用することはほとんどありませんが、一部の大学病院では実施されています。

 

エスセットクリニックでは、精索静脈瘤の手術では第一選択である、低位結紮術を実施しています。手術経験豊富な医師が2名で、動脈やリンパ管を確認しあいながら残して、静脈を確実に結紮しています。そのため再発のリスクをかなり低く抑えることができると考えています。

また、手術を単独でおこなうのではなく術前、術後に高精度精子検査をおこない、しっかりと精子についての詳細を把握することで治療効果、夫婦の妊娠治療に対して見込みの高い選択を出来ると考えます。


精索静脈瘤の治療後について

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)の治療を受けた後、精子の質が改善するという期待がもてます。治療を受けた後は、なるべく精子の精密検査を受けた方がよいかもしれません。

高精度な精子の検査(精子のDNA損傷率、卵への突入能力他)を手術前後ですると、より詳しく精子の状態を知ることができます。手術を受ける前と、受けた後で正確なデータなどがあると、顕微授精や体外受精での妊娠の確率などがより予測しやすくなってきます。

精子の質がDNAレベルで改善していることが確認できた場合には、手術前にうまくいかなかった体外受精にも自信を持って臨むことができるのです。


精索静脈瘤の痛みとは

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)は痛みが少なく、自覚症状が少ないので、自分ひとりで気が付くことが少ない症状でもあります。

良くも悪くも良性の疾患であるため、治療をしないと命に関わる・・・ということもありません。そのため、放置されやすい状況にあります。

自分はまさか・・・と思っていても、精索静脈瘤だった・・・という事があります。

医師の診察をうけ、検査を受けてみないと正確にはわからない・・・という特徴があります。

ごくまれにですが、1日の終わりに痛みを感じるという事もあります。


精索静脈瘤を放置するとどうなるか

精索静脈瘤は放置すると、男性不妊の原因となってしまいます。また男性ホルモンの低下が進んでしまい、男性の更年期障害になってしまうという報告もあるようです。

命に支障があるようなの疾患ではないですが、早めに検査しておいた方が安心です。悪化するかしないか?については個人差があります。

子供がいらないのであれば、そのまま放置しても問題はないですが、やはり不妊治療をする方ならば、早めの対策が必要であると思います。


精索静脈瘤についてのまとめ

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)についてはいかがでしたか?精索静脈瘤は男性不妊の大きな原因となっています。さらに、自覚症状が少なく、自分では気が付かない人が多いので、つい見過ごしてしまいがちです。

体外受精や顕微授精をする場合は、その高額な治療費をねん出する前に、「まず、精索静脈瘤を疑う」という事がなによりも大切です。

10回以上も顕微授精をやったご夫婦が、
エスセットクリニックに来られて、調べてみると精索静脈瘤が見つかり、手術をして半年後に自然妊娠をしたというケースがよくあります。

治療の成功率を高め、安全な出産をするためには、男性不妊の原因についても、より詳しく知っていただけたら嬉しく思っています。


以下のページもご覧ください

治療メニューのご案内

当院の治療メニューについてご紹介しております。

検査メニューのご案内

当院の検査メニューについてご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6262-0745
受付時間
11:00~18:00
定休日
無し