〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町1-5-7F
(JR秋葉原駅昭和通り口徒歩4分、岩本町A6出口徒歩10秒

受付時間
11:00~18:00
 定休日  
無し

  お気軽にお問合せください  

03-6262-0745

精子無力症とは

精子無力症とは精子の運動率がとても低い状態のことです。 精子の運動率が低いというのは、精子が前に動く力が弱いということです。

運動率が40%以下の場合、「精子無力症」と診断されます。 前進する精子が32%以下の場合をいうこともあります。

正常な男性の精子は、運動率55%以上あるといわれています。

精子は上部の図のような形をしています。ミトコンドリアと呼ばれる部分が、精子が前進するために必要なエネルギーです。このエネルギーが不足していたりすると、精子の運動率や前進する力が不足してしまいます。


精子無力症の原因とは

精子無力症は原因がわからないことが多いのが特徴です。環境ホルモン等の有害物質が影響しているなどともいわれていますが、結局のところ原因はわかっていません。

精子や精液の状態は、ストレスや食生活など様々な要因によって変化します。そのため、原因が複数ある場合も多いので、男性不妊について専門の知識がある医師に見てもらう方がよい場合があります。

後天的な原因としては、「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」などがあります。


精子無力症の症状とは

以下の動画は、正常な精子の動画です。

精子濃度は 13,000/ml 運動率は60%です。

これが健康な精子です。見てわかる通り、元気で形がよく、運動率も高い精子ばかりです。

それでは、次の動画を見てください。

精子濃度は 2,000/ml 運動率は25%です。いかがでしょうか?この状態になってしまうと、「精子無力症」の可能性が出てきます。運動率も低く、精子の数も少なく、まったく動いていない精子もいます。2つの動画を比較してわかる通り、精子の数や運動率だけでも大きな違いが出てきます。


自然妊娠ができるのか

精子無力症と診断されたとしても、サプリメントを飲んだり、精索静脈瘤の手術を受けることで精子の数や運動率が改善したというケースはたくさんあります。

不妊治療をしていて、ほかのクリニックや病院で「精子無力症です」と言われても、あきらめる必要はありません。不妊の原因は、男女に両方あるので、不妊で悩んでいる場合は、必ず男性も女性も両方を調べるようにしてください。


妊娠するにはどうしたらいいのか

運動率が高く、精子の数も基準よりも高いにも関わらず、妊娠しない・・・というケースもあります。精子は運動率が高く、精子の数が多いだけでは、「よい精子=妊娠する力がある精子」 とは言えません。

精子には、DNA情報が入っている場所や、ミトコンドリアと呼ばれるエネルギーがあります。

精子が運動するうえで、ミトコンドリアはとても大事な役割をはたしています。ミトコンドリアの状態を観察することがとても重要です。

「緑色蛍光検査」という方法を使うと、上記の写真のように、ミトコンドリアが正常であるかどうか?検査をすることができます。

健康な精子は左の写真のように、緑色に「ミトコンドリア」が光ります。しかし、健康でない精子は、ミトコンドリアがきれいにうつらず、運動も活発ではありません・・・


エスセットクリニックの検査

エスセットクリニックでは、通常の精子検査、より高度な精子検査をご用意しています。

また、精子の検査とホルモン、精巣のチェックの検査がセットになっている男性不妊初診セットもご用意しています。精子に問題があると診断されてしまった方にはおすすめの検査となっています。

検査と同時に治療を進めていくことも可能です。


以下のページもご覧ください

治療メニューのご案内

当院の治療メニューについてご紹介しております。

検査メニューのご案内

当院の検査メニューについてご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6262-0745
受付時間
11:00~18:00
定休日
無し