〒101-0033 千代田区神田岩本町1-5-7F
(JR秋葉原駅昭和通り口徒歩4分、岩本町A6出口徒歩10秒

受付時間
11:00~18:00
 定休日  
無し

  お気軽にお問合せください  

03-6262-0745

精子が少ない…どうしたらよいか?

精子が少なくて悩んでいる方は多いかと思います。

精子の数が少ない場合、絶対数が少ないため、健康で良好な精子の数も少ないことがおおく、不妊の原因になりやすくなります。今回は、精子が少ない原因や対策について知っていただこうと思います。


精子が少ない原因とは?

精子の数が少ない・動きが悪い、動いていないなどの症状があると、「乏精子症」や「精子無力症」と診断されます。

乏精子症」は 精液の中に、精子の数が少ない症状です。

「精子無力症」は、精子の運動率や運動量に異常がある場合の症状です。

どちらも男性不妊の原因の1つと考えられています。


精子が少ない原因について詳しく知ろう

精子が少ないと、不妊につながりやすくなってしまいます。

精子が少ない場合、精子が通過する場所に異常があるか、精子を作る機能に異常があるか?性機能に異常があるか?などで、治療の方法が変わってきます。

  詳細
造精機能障害 精巣で精子をつくることに問題がある。「無精子症」など
精路通過障害 精子を運ぶ通路に問題がある。 
副性機能障害 精巣上体、前立腺などに問題がある (精子の運動率が下がる)
勃起障害 膣内で射精ができない
その他 染色体、遺伝的な問題、原因不明

精子が少ない原因はこのように、色々と考えられます。詳しい原因については、素人ではなかなかわからないかもしれません。精子が少なくてお悩みの場合、男性不妊に詳しい医師に聞いてみるとよいです。

エスセットクリニックの男性不妊検査

エスセットクリニックでは、精子の検査に加え、血液検査、尿検査、精巣などの超音波検査等精液以外の男性不妊要因の検査がまとめておこなえる男性不妊初診セットがあります。

精子に問題があるといわれた方が多くお受けになられている検査となっており、代表的な男性不妊要因とされる精索静脈瘤などもこの検査で診断、治療の必要性の判断ができます。


精子が少ないと判断される基準は?

精子の数が少ない・・・と言われても、基準がわからないと思います。「精子数」の正常値は、WHOが定めている基準が一応あります。

 WHOが定めているのは、「1ccあたり、1500万匹以上」です。

しかし、この基準は、「妊娠」するための最低基準とされています。つまり、1500万匹前後では妊娠する力は弱いと考えることもできます。

自然妊娠を望むのであれば、1ccあたり5000万匹以上はほしいと男性不妊を専門とする先生はつたえているようです。

不妊に悩んでいる場合、この精子の数について、本当に正常な値はどのくらいなのか?詳しく調べるとよいかもしれません。


精子はどうやって作られるのか

精子はどのように作られるのでしょうか?

思春期になると、ホルモン活動が活性化し、「精巣」で精子が作られるようになります。

精子は、実は脳の視床下部からの指令によって作られています。視床下部から「精子を作れ」と命令がでて、精巣(睾丸)で精子を作ります。

精巣には、精子のもとになる「精祖細胞」があります。
精祖細胞」から精子になるまでには、約70日~80日程度かかると言われています。 「精祖細胞」は「精細管」という細い器官の中で、細胞分裂を繰り返していきます。そして、成熟した精子へと成長していきます。

成長した精子は精巣上体に運ばれていきます。ここでさらに成熟します。その後40cmほど長さのある精管を通り、射精までの時間をそこで待機することになります。

日々、約5000万~1億個の精子が作られていると言われています。

精祖細胞」は細胞分裂をすることで、同じ細胞を作り出すことができます。そのため、精祖細胞はなくなる事はありません。


精子と精液の違いとは

精子は、精液の中に15%程度しか存在していません。

射精した精液を見ると、全てが精子のように思うかもしれませんが、それは違います。

精液は、精嚢(せいのう)と前立腺の2つの器官から分泌された「精漿(せいしょう)」と、精子が混ざった状態のものです。精液は弱アルカリ性です。タンパク質やアミノ酸がたくさん含まれていて、精子が快適に過ごせる環境になっています。

精子の濃度が低い場合は、「乏精子症」、精子が全くない場合は「無精子症」と言われます。

男性不妊は、原因がわからないと治療が前に進みません。そのため、精液の検査は、とても重要です。


正常な精子とは

正常な精子とはなんでしょうか? 正常な精子は、活発に運動し、形もきれいです。

精子は「DNA」と「中心体」と「しっぽ」でつくられています。鞭毛(べんもう)は動くためにあります。

ミトコンドリアはエネルギーを発生させます。前進するエネルギーはミトコンドリアが正常であるかによって決まってきます。

精子数、運動率、空胞数、全て正常値の精子は下の動画のようになります。

いかがでしょうか?たくさんの精子が元気よく動き回っているかと思います。

では、次の動画を見てください。

いかがでしょうか? 精子の数も少なく、精子の頭に空胞が目立ちます。精子もあまり元気がなく、運動が活発ではありません・・・ふたつの動画をみてどう感じましたか?

もし人工受精や、顕微鏡授精をする場合、元気のない精子を卵子と結合させてしまったら・・・

あまりよい結果にならないと思うかもしれません。


精子検査にも種類がある

精子が少ない場合や、妻に原因はなくなかなか妊娠しいない場合などは、より高度な精子検査を考えてみましょう。精子には「ミトコンドリア」と呼ばれる部分があります。

分かりやすく言うと、このミトコンドリアがエネルギーとなって、精子は前に進むことができます。

普通の精子検査では、「ミトコンドリア」の機能まで測定はしません。しかし、ミトコンドリアの状態に問題があるか?ないか?によって「妊娠率」に悪い影響がある可能性があります。残念ながら、運動率が低い精子の場合、妊娠する力が弱くなってしまうと考えられています。

より高度な精子の検査では、このミトコンドリアの形態やエネルギーの状態を測定することができます。体外受精、顕微授精を考えている方は、より高度な検査を受けた方が、ご自身の状態をより詳しく把握した上で治療をすすめられるメリットがあります。

エスセットクリニックの検査

エスセットクリニックでは、通常の精子検査、より高度な精子検査をご用意しています。

また、精子検査とホルモン検査、精巣のエコー検査による精子以外の男性不妊要因の検査がセットになっている男性不妊初診セットもご用意しています。精子が少ないと診断されてしまった方にはおすすめの検査となっています。

検査と同時に治療を進めていくことも可能です。


以下のページもご覧ください

当院の特徴

当院の特徴についてご紹介しております。

検査メニューのご案内

当院の検査メニューについてご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6262-0745
受付時間
11:00~18:00
定休日
無し