〒101-0033 千代田区神田岩本町1-5-7F
(JR秋葉原駅昭和通り口徒歩4分、岩本町A6出口徒歩10秒

受付時間
11:00~18:00
 定休日  
無し

  お気軽にお問合せください  

03-6262-0745

精子の運動率が低い

精子の運動率が低い場合どうしたらいいのでしょうか?精子の運動が悪いと男性不妊の原因となってしまいます。


精子の運動率とは

精子がどれだけ運動しているか?

精子の運動率とは、精液の中の精子がどれだけ運動しているかの数値のことです。

男性不妊の原因のひとつです。 精子の運動率が低すぎると、「精子無力症」と言われます。

男性の身体も、年齢とともに老化していきます。女性の卵の質が加齢とともに低下することについては、よく言われていますが、男性も同じく35歳を境目に、精子をつくる機能も低下していきます。

精子は毎日作られていますが、やはり20代の方が精子の質はよい場合が多いです。若い方が精子の運動率も高いと言えます。妊活をする場合は、年齢が早ければ早いほど、子供は作りやすいといえます。


精子の運動率が下がるとどうなるのか

精子は35歳を過ぎると、少しずつ劣化していきます。正常な精子の運動率は60%以上と言われています。

精子は上部の図のような形をしています。ミトコンドリアと呼ばれる部分が、精子が前進するために必要なエネルギーをつかさどるところになります。このエネルギーが不足していたりすると、精子の運動率や前進する力が不足してしまいます。

精子の運動率が低いと卵子に到達し、受精しにくくなるため、妊娠する確率が低くなる可能性があります。


精子無力症の症状とは

精子の運動率が40%以下の場合、「精子無力症」と言われています。

以下の動画は、正常な精子の動画です。

精子濃度は 13,000/ml 運動率は60%です。

これが健康な精子です。見てわかる通り、元気で、運動率も高い精子ばかりです。

それでは、次の動画を見てください。

精子濃度は 2,000/ml 運動率は25%です。いかがでしょうか?この状態になってしまうと、「精子無力症」と言われる水準になります。運動率も低く、精子の数も少なく、まったく動いていない精子もいます。2つの動画を比較してわかる通り、精子の数や運動率だけでも大きな違いが出てきます。


エスセットクリニックの検査

エスセットクリニックでは、通常の精子検査、より高度な精子検査をご用意しています。

また、精子の検査とホルモン、精巣のチェックの検査がセットになっている男性不妊初診セットもご用意しています。精子に問題があると診断されてしまった方にはおすすめの検査となっています。

検査と同時に治療を進めていくことも可能です。


精子の運動率を上げるには

精子の運動率を上げるには、日ごろの生活習慣なども大事です。

・お酒やたばこをひかえる

・ゆるい下着を着る

・バイクや自転車に乗りすぎない

・お風呂で長湯したりして、睾丸をあたためすぎない

などが大事です。

精子の運動率を上げるには、日ごろの生活習慣を見直す必要があります。さらに精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)になっている場合、精子の数や精子の運動率が低くなっている可能性があります。

男性の年齢が高い場合は、早めに専門の医師による診断を受けるのも、選択肢にいれてみてはいかがでしょうか?


以下のページもご覧ください

治療メニューのご案内

当院の治療メニューについてご紹介しております。

検査メニューのご案内

当院の検査メニューについてご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6262-0745
受付時間
11:00~18:00
定休日
無し