〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町1-5-7F
(JR秋葉原駅昭和通り口徒歩4分、岩本町A6出口徒歩10秒

受付時間
11:00~18:00
 定休日  
無し

  お気軽にお問合せください  

03-6262-0745

初めて男性不妊検査をお考えの方へ

ここでは初めて男性不妊検査を考えている方に、ご自身に合った検査が選べるようにおすすめの検査を紹介していきます。


初めての男性不妊検査、まず精子検査から

男性不妊検査の入り口となる基本精子検査

精液検査は、もっとも基本的な男性不妊検査です。精液検査をすることで、ご自身の精子が、『パートナーを妊娠させる能力があるかどうか』をある程度知ることができます。

これまで全く検査をしたことが無くて、不妊期間もまだ3か月にも満たない場合には、まずは精子検査の入り口となる基本精子検査をおすすめしています。結果も当日に出るので気軽にできる検査です。当クリニックの精子検査は数千件の検査実績のある検査技師がおこないます。

体外受精、顕微授精を検討されている方向けの高精度精子検査

当クリニックでは基本精子検査の他にも、より高度に精子の状態について把握ができる高精度精子検査もおこなうことができます。

通常の精子検査では判断しきれない精子の質についての確認ができるため、これから体外受精・顕微授精をお考えの方におすすめの検査です。

当クリニックでは、独自の技術である精子選別をおこない確保できた選別精子を、実際の不妊治療で使っていただくことが出来ます。

男性不妊一般検査

男性不妊一般検査は、基本精子検査の結果が悪かった方が、追加で受けられることが多い検査です。
この検査は、精子検査だけではわからない不妊要因を調べられる検査です。精巣の超音波検査、ホルモン検査などをおこない不妊要因がないかを調べます。
男性不妊の方の約4割にみられる精索静脈瘤の有無をエコーで調べたり、血液でホルモンのバランスを確認、治療可能な男性不妊要因を調べることができます。

当クリニックでは精液検査と男性不妊一般検査を一緒に受けた場合の割安なセット料金(男性不妊初診セット)を設定しています。精液検査に加えて、あらかじめ一通り男性不妊要因が無いかの検査をしておきたい方が受診されています。


精液検査とあわせて受けておきたい検査

感染症検査

下記男性不妊の原因となりえる性感染症検査をまとめて検査ができます。
これまで、調べたことがない方は、一度は受けておきたいものです。

  • HIV抗原・抗体
  • HBs抗原
  • HCv抗体
  • 梅毒
  • クラミジア
  • 淋病
  • ヘルペス

ご希望があれば、『風疹』『麻疹』の検査なども追加可能です。
特に、
1962(昭和37)年4月2日生まれ~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性は、公的に風疹の予防接種を受ける機会がなかった世代。
・1979(昭和54)年4月2日生まれ~1987(昭和62)年10月1日生まれは、学校での集団接種から医療機関での個別接種に切り替わったこともあって、男女共に接種率が低いことがわかっています。
妊娠後の感染は生まれてくる子供に障害を与えるリスクが高くなるため、上記に当てはまる方は妊活が始まる前に検査をしておくことをおすすめします。

精液検査と感染症のセット検査がブライダルチェックになります。


以下のページもご覧ください

治療メニューのご案内

当院の治療メニューについてご紹介しております。

検査メニューのご案内

当院の検査メニューについてご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6262-0745
受付時間
11:00~18:00
定休日
無し