〒101-0033 千代田区神田岩本町1-5-7F
(JR秋葉原駅昭和通り口徒歩4分、岩本町A6出口徒歩10秒

受付時間
11:00~18:00
 定休日  
無し

  お気軽にお問合せください  

03-6262-0745

男性不妊の専門医師は少ない

不妊の原因は、男女両方に原因がある可能性があります。

これは、不妊の原因とは?を読んでいただければ、分かるかと思います。

そんな不妊治療の現場ですが、長らく不妊治療は女性側の研究ばかりが盛んでした。男性の研究は遅れ、医師の数が少ない・・・というのが、日本でも、世界中でも、今の現状です。

では、なぜこのような事が起こってしまったのでしょうか?


専門家が少ない理由とは

産婦人科ばかり

不妊治療は、長年産婦人科が中心となって、女性側の不妊要因の研究が進められてきました。

そのため日本では、今でも女性側の医師は多いのにも関わらず、男性の精子を研究する医師、男性不妊を専門とする医師は極めて少ない状況にあり、医師の数は約100名前後と言われています。

男性側の不妊を研究するのは、主に泌尿器の医師になります。

泌尿器科の医師は、泌尿器系の癌治療や腎移植や腎不全等を専門とする医師や研究者が多く、
不妊を専門とする医師がなかなかそだたない背景があります。

「不妊は産婦人科がやっていればいいだろう」

という大学や病院もいまだに多く、男性不妊を標榜していない大病院はいまだに多いのです。

そういう現状があり、優秀な若い泌尿器科医師が、男性不妊を専門にしようとは思わないという悪循環から、専門医が増えていかないのです。


運動率が高くても…

精子を選ぶ場合、もっとも特徴がある「運動性」に着目する医師は今でも多く、「運動している精子であれば大丈夫」「WHOの基準を超えているので良好」という判断をしている病院やクリニックも数多くあります。

残念ですが、精子の運動率がどんなに高くても、精子のDNAに異常があったり、精子の形が悪かったりする場合があります。さらに「先体反応」を起こすことができない精子など、人間の精子は運動で全てを判断できるわけではありません…

顕微授精をする場合、「1匹でも精子がいれば大丈夫!!」という広告や文章をみますが、本当に大丈夫でしょうか?見かけだけ泳いでいる精子を顕微授精させてしまっては、妊娠が上手くいかない等のリスクが高まってしまう可能性があります。

精子は見かけだけ動いている、運動性が高いから大丈夫!!という考え方も以前は普通でしたが、現在は技術の進化が進み、精子の質をより詳しく調べることができるようになりました。顕微授精をするのであれば、事前に精子もきちんと高度な検査をすることをおススメします。

※先体反応・・・精子が卵子に侵入するときにおこす反応をいいます。


正常な精子とは

では、正常な精子とは、どのような精子の事でしょうか? 正常な精子は、活発に運動し、形もきれいです。精子は形も大切です。人間も見た目が美しいともてるように、精子にも見た目があります。

綺麗な形の精子は下のような形をしています。

精子は「DNA」と「中心体」と「しっぽ」でつくられていて、それぞれに役割があります。男性の身体の中でこれほど複雑なものが生み出されていると思うと、神秘的です。

精子のしっぽの部分を鞭毛(べんもう)と言います。これは精子が動くためにあります。

ミトコンドリアはエネルギーを発生させます。前進するエネルギーはミトコンドリアによって決まってきます。


男性不妊の専門家が少ない まとめ

精子の専門家が少ない・・・はいかがでしたか?

日本では、不妊を専門とする産婦人科の医師の数は多いのですが、不妊を専門とする泌尿器科の医師の数は不足している状態です。そのため、不妊となると、奥さんの通う産婦人科に行く人が多いのが現状です。

本来、不妊の原因は男性と女性の両方にあるので、不妊治療をするには、男性と女性両方を同時に診察するのが理想的と言えます。

不妊治療は夫婦で協力して取り組むものです。ぜひ、男性の原因と、女性の原因、両方を知っていただき、自分たちに合った不妊治療を受けるようにしてみましょう。


以下のページもご覧ください

治療メニューのご案内

当院の治療メニューについてご紹介しております。

検査メニューのご案内

当院の検査メニューについてご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6262-0745
受付時間
11:00~18:00
定休日
無し