〒101-0033 千代田区神田岩本町1-5-7F
(JR秋葉原駅昭和通り口徒歩4分、岩本町A6出口徒歩10秒

受付時間
11:00~18:00
 定休日  
無し

  お気軽にお問合せください  

03-6262-0745

体外受精をする病院はどんなところ?

女性の不妊治療には種類があり、体外受精を選択するご夫婦は毎年増える傾向にあります。

そんな体外受精ですが、病院はどんな場所で、何をしてくれるのでしょうか?

今回は体外受精をする病院についてご紹介いたします。


不妊治療は2つある

不妊の原因は男女両方にありますが、女性の不妊治療は大きく2つに分ける事ができます。

1つはタイミング療法や人工授精などの一般的な不妊治療です。

2つ目は、体外受精(IVF)や顕微授精(ICSI)等の高度不妊治療とよばれる治療です。

体外受精や顕微授精は、「卵子」を体外に取り出し、人工的に精子と受精させて、子宮に戻す手術です。 タイミング療法でも子供ができない場合、人工授精を考えます。人工授精をしても子供ができない場合は、体外受精を検討します。

顕微授精は体外受精のひとつで、精子が少なかったり、運動している精子が少ない場合は、顕微授精を勧められることが多いようです。

体外受精は金額が高く、治療をするには精神的にも、肉体的にも負担がかかります。

一般的な「不妊治療」はおおよその婦人科で行う事できます。近所にある産婦人科でも受診してもらう事ができます。 


体外受精とは

そもそも、体外受精(たいがいじゅせい)とは何でしょうか?

体外受精は、人工授精36回程度おこない、それでも妊娠しなかった場合に行われます。

体外受精は、体の外に取り出した卵子に精子をふりかけて、精子自身の力で卵子に侵入して受精させる方法です。 精子には自分の力で、卵子と結合をさせます。
受精した受精卵は、一定期間培養したあとに、卵子に戻します。

体外受精は約30年前からある不妊の治療方法です。人工授精をしても妊娠しなかった・・・自然に妊娠しなかったという方がこの治療を選んでいます。体外受精の費用は病院によって違います。


体外受精専門の施設が必要

体外授精や顕微授精をする場合は、専門の施設が必要になります。体外授精などをする場合、「採卵室(手術室)」や「培養室」の設備が重要になります。
「培養室」はエアフィルターで室内の清潔をたもち、入室するのに専用の着衣や手袋、手洗い所などが必要になります。

「培養室」では検査や管理作業、授精の作業などをおこないます。そのため「培養室」は体外受精の心臓部ともいえます。 「培養室」で作業をするのが「胚培養士」です。

「胚培養士」の技術によって、体外受精の成功率も変わってきます。


日本産婦人科学会に登録されている

体外受精を行う病院やクリニックは「日本産科婦人科学会」の登録要件を満たしています。体外受精の治療方法、妊娠数などを報告しています。
その数値については、
日本産婦人科学会より発表されています。 


初診の日はどのくらい時間がかかるのか

来院したら、問診表を記入して、カルテを作成します。その後、看護婦等による予診があり、診察となるのが一般的です。診察後は「体外受精」準備の事前説明と採血があります。

来院してから終了まで2~3時間程度をみておくとよいかもしれません。待ち時間が長いところは深夜におよぶところもあるようです。

初診料とエコー検査は保険が適用できますが、初めから全額自費診療のクリニックもあるようです。

血液検査などは自費でになるので、あらかじめ2万円程度の現金の準備をしておくとよいです。


体外受精のメリットとは

体外受精のメリットはなんでしょうか?

体外受精をすることで、人工授精で妊娠できなかった人も妊娠する可能性が出てきます。

また、顕微授精にくらべて奇形児の出産リスクが少なくなるというという報告もあり、顕微授精よりは費用がやや安くて済むようです。


体外受精のデメリットとは

体外受精のデメリットの一つは値段が高い事と時間的、精神的な負担です。

体外受精をする場合、2080万とかなりお金がかかります。

金額的な負担は、かなり大きいといえます。夫の収入だけで治療を受けるのはきつく、夫婦で働きながら治療を受ける方も多くいます。1度で妊娠すればいいのですが、通常は何度か治療を受ける必要がある方がほとんどです。
さらに「排卵誘発剤」の注射を毎日打ったり、麻酔をかけて採卵を行ったりと、女性側の肉体的な負担が多くなります。

通院回数が増え、注射の回数が多くなると、「こんなに大変なのに妊娠ができない・・・」「妊娠する保障がない・・・」と感じるため、精神的につらくなってきます。

男性側の不妊要因を早めにチェックして、場合によっては治療をすることで、女性側のつらい負担を減らすことができる場合もあるため、体外受精に進む前には必ず男性側の不妊チェックをおススメします。


通院回数が増えてしまう

体外受精の治療を受ける場合、2週間ほど毎日病院に行かないといけません・・・

仕事をしている場合などは、時間的に拘束されるため、かなり負担になります。働いている女性の場合、仕事を休んで治療を受ける方も多くいらっしゃいます。

長い間休むことができない人は、生理開始2日目と採卵日と胚移植の日の3日は休みをとるなど、一時的に休みをとるなど工夫すると良いかもしれません。職場の理解などが必要なので、会社や上司に相談して見ることも必要になります。

精神的に負担がかかりますが、休みをもらわないと治療が進まない・・・

という事もあるので、ぜひ職場には理解を得られるようにしておくとよいです。

このように体外受精に進む段階になると、女性側の肉体的精神的負担は非常に重くなってきます。体外受精をして「勝算」があるのかどうか?精子の高度検査をして見極めておくのもひとつの方法かもしれません。


以下のページもご覧ください

治療メニューのご案内

当院の治療メニューについてご紹介しております。

検査メニューのご案内

当院の検査メニューについてご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6262-0745
受付時間
11:00~18:00
定休日
無し