〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町1-5-7F
(JR秋葉原駅昭和通り口徒歩4分、岩本町A6出口徒歩10秒

受付時間
11:00~18:00
 定休日  
無し

  お気軽にお問合せください  

03-6262-0745

タイミング療法とは

晩婚化がすすみ、結婚が高齢化するにともなって、不妊症に悩むカップルは年々増えています。不妊の定義は、以前は「妊娠を希望して、避妊をしないで性行為を行い、2年間子供ができない場合」とされていましたが、晩婚化が進む現在では、2年が1年と短縮されました。

自然に子供ができればいいのですが、男性も女性も年齢を重ねてしまうと、子供が出来づらくなってしまいます。

不妊治療には、男性側と女性側の原因がありますが、今回は、女性の不妊治療やメリットやデメリットについてご紹介いたします。


タイミング療法とは

タイミング療法とは、排卵日を正確に予測して、性行為をするタイミングを医師が指導して、妊娠に導く療法のことです。自然周期によるものと、排卵誘発剤を使って、人工的に月経の周期を作るものがあります。

排卵後の卵子が生きている時間は半日~1日ほどです。精子が膣の中で生きていられるのは、1日程度と言われています。卵子はそのタイミングで精子と出会う必要があります。

妊娠のしやすさのピークは排卵日当日と、前後になります。排卵日の3日前から排卵後2日ほどは妊娠しやすいと覚えておきましょう。

タイミング療法では、排卵日を正確に予想し、タイミングよく性行為を行うことで妊娠の確率を増やすことができます。不妊治療のなかでも、肉体的、金銭的な負担の少ない治療の方法です。 

排卵周期が一定の人であれば、「排卵日」から次の月経まで14日かかります。排卵痛は、排卵日の前日・翌日を含めた約3日間おこります。

排卵の周期が28日の人なら「28日(月経)-14日(排卵日)-3日(頚管粘液の増加)=11日」、つまり月経開始後11日目から性交渉を行えばよいとされています。
「排卵周期」が一定でない人もいます。タイミング療法では、医師の診察や検査試薬で尿をチェックして排卵日を予測していきます。タイミング療法は612ヶ月を目安にしてみましょう。タイミング療法を12カ月ほどためして妊娠しない場合には、ステップアップして人工授精を医師から勧められる事が多いです。


タイミング療法が成功しやすい条件とは

負担の少ないタイミング療法ですが、タイミング療法には成功しやすい条件があります。

基本的な「不妊検査」を受けた結果

1.排卵があること

2.子宮や膣が存在していること

3.卵管が少なくとも片側は通っていること

4.精子検査結果に問題がないこと

この4つの条件を満たしていれば、タイミング療法をすることができます。男性不妊の目線からいうと、タイミング療法をする前に、精子の検査だけでもしておいた方が良いと言えます。

特に女性が35歳以上、男性が35歳以上の場合は、治療費を安くする目線から、精子検査から行うことがよいといえます。

状況にもよりますが、妊娠を急いでいない場合、ふつうの夫婦はタイミング療法から「妊活」をスタートする事が多いです。年齢が高齢であり、半年や1年もタイミング療法をしている場合ではない・・・という夫婦もいます。その場合、人工授精などをすすめるクリニックや病院もあります。

とくにAMHの検査を受けた場合、数値によっては、人工授精を考える人が多いようです。


病院に行くと何をしてくれるのか

タイミング療法では、医師が診察や薬などの処方、排卵のチェック、性行為のタイミングについてなどのアドバイスをしてくれます。

治療の内容については、クリニックや病院ごとに違い、料金によっても大きく変わってきます。

・生理後に卵巣の状態を調べます
・排卵誘発剤を1日おきに注射
・生理5日目から1週間後に内診(卵の育ち具合をみる)
・卵日が近づくと内診も1日おき、毎日、プラス尿での排卵チェック
・排卵直前になると、夫婦関係を持つ日を指定される
・高温期になったら飲む薬を処方される
・排卵予定日から3~4日後に排卵されているかどうか?を内診をする

クリニックや医師によって考え方やアドバイスが違うので注意してください。


タイミング療法の回数

タイミング療法はどの程度続けたらいいのでしょうか?
一般的には、612回とされています。つまり、612ヶ月でタイミング療法をおこなうことになります。
男性がEDや体調を崩してしまった場合、タイミングを取るのが難しいことがあります。
タイミング療法をする場合、精子に問題がないか?について、先に調べておくことがオススメです。
精子に問題がなく、子供ができない場合、人工授精をしたほうがいいのか?などを検討するようにしましょう。


タイミング療法での悩みとは

焦ってストレスがたまる・・・

タイミング療法はどのタイミングでやめたらいいのか?について、悩む人が多くいらっしゃいます。特に30代も半ばをこえた方などは、年齢的にも焦りがでて、半年も続けるのか・・・と思ってしまうものです。

さらに、内診についても、何度受けてもなれない・・・という事が多いです。

やめる勇気もないし、相談できる相手が医師しかいない・・などストレスがたまることも多くあります。

疲れたら、一度治療を休むのもひとつの手です。

不妊治療は焦らず、しっかりとした情報をあつめて、よい病院、よいクリニック、よい先生を探すようにしてください。


以下のページもご覧ください

治療メニューのご案内

当院の治療メニューについてご紹介しております。

検査メニューのご案内

当院の検査メニューについてご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6262-0745
受付時間
11:00~18:00
定休日
無し