〒101-0033 千代田区神田岩本町1-5-7F
(JR秋葉原駅昭和通り口徒歩4分、岩本町A6出口徒歩10秒

受付時間
11:00~18:00
 定休日  
無し

  お気軽にお問合せください  

03-6262-0745

人工授精とは

女性の子宮内に“人工的に”精子を注入して授精させる生殖医療技術のことです。

タイミング療法を何回か試して、妊娠しない場合、「人工授精」をするのが一般的です。タイミング療法とは、排卵日を正確に予測して、性行為をするタイミングを医師が指導してくれる療法です。


人工授精とはどのような場合に適用されるのか

人工授精は医療技術

男性に精子を提供してもらい、女性の子宮内に人工的に精子を送り込み、授精させる生殖医療技術のことをいいます 。 人工授精(AIHArtificial Insemination by Husband)とは、精子を子宮に送り込む方法です。

比較的に費用が安いため、多くの方がタイミング療法後のステップアップとして「人工授精」を試しています。

人工授精では、ご主人に採精室で採精してもらい、精子を提出してもらいます。 

タイミング療法を何回か試しても妊娠しない場合、「人工授精」をすすめられるのが一般的です。

「人工授精」で妊娠がダメだった場合、つぎは「体外受精」というハードルの高い高額な治療になってしまいます。

夫婦の年齢が高い場合などは、最初から「人工授精」をすすめられる場合もあります。

人工授精は、男性の精子の数がやや少ない場合や、運動率が低い場合などに適しています。


人工授精が成功しやすい条件とは

人工授精は、男性の精子に軽度な問題がある場合、治療をすると効果が出やすいとされています。

「射精障害」や「性交障害」がある人におススメです。

男性に軽度の「乏精子症」がある場合、精子の数が少ない、 精子がうまく子宮の中に入らない、膣内でうまく射精できない、などの場合は人工授精が適しています。

人工授精をする場合、フーナーテストと呼ばれる検査をします。このテストの結果が良くない場合も人工授精が適しています。


人工授精に適している人とは

年齢が若ければ若いほど、人工授精も成功する可能性が高くなります。成功率をあげるためには、なるべく早く治療をすることです。

ちなみに、人工授精は「保険適用外」になるため、費用が123万円程度かかります。金銭的には大きすぎませんが複数回繰り返すと金額が重くなってくる方もいらっしゃいます。

人工授精は男性側に問題がある場合がおおいので、必ず男性の不妊検査を受ける必要があります。

精子の質や運動率について、知っておくと人工授精を成功させやすくなります。

あまりにも精子の数が少なかったり、運動率が低い場合には、治療をしてからの方が成功率が高まるからです。


女性が原因の人工授精とは

人工授精は主に、男性に問題がある場合に行う治療ですが、女性側に原因がある場合もあります。

「精子」と女性の身体の相性が悪い場合です。

女性は排卵が近づくと精子を受け入れやすくするために「子宮頚管粘液(しきゅうけいかんねんえき)」が増加します。子宮頚管粘液とは、「子宮頚管中(しきゅうけいかんない)」を満たしている粘液のことです。

この「子宮頚管粘液」の量が十分でないと、精子はうまく子宮の中に入っていくことができません。

女性は排卵が近くなると、「子宮頚管粘液」の量が増えます。そして、「子宮頚管粘液」がさらさらした性質に変化することで、 膣内に射精された精子が、自力で泳いで子宮内に入りやすくなります。

膣は直接外の世界に接している器官です。そのため、外部の雑菌が入るのを防ぐため、つねに強い酸性液で満たされています。しかし、精子は酸性を嫌います。そのため、「子宮頚管粘液」はアルカリ性でできています。

「子宮頚管粘液」に問題があったり、精子と子宮頚管粘液との相性が悪く、精子が子宮頸管を通過できない可能性があります。その場合は人工授精をすることが適しています。


人工授精の流れ

排卵前に準備をはじめ、排卵後に人工授精を行い、妊娠の確認をするというのが流れです。

排卵誘発剤を使うのか?によって治療の内容は変わってきます。

 

排卵日を推測(生理~7日以内)

生理になった日から、次の「排卵」に向けて準備を行います。

一番妊娠しやすいのは、排卵日の5日前~排卵後の12時間以内と言われています。その日のタイミングに向けて人工授精を準備していきます。排卵の方法は、「完全自然排卵」に任せるか、「排卵誘発剤」を使うのか?について検討します。

 

排卵前検査(生理10日~12日)

超音波により、「卵胞」の成長をチェックします。超音波検査をすると、「卵胞」の大きさなどが特定できます。

さらに「子宮内膜厚」を計測します。

排卵検査薬で黄体形成ホルモン(LH)を測定することで、排卵日を正確に予測します。

排卵日が近づくと、LHホルモンの数値が上昇します。

この検査をした後、人工授精をする時間や精子の用意方法などを検討します。

 

人工授精当日

男性側:精子を持参します。精子を洗浄、濃縮して質の良い精子を分別していきます。

女性側:人工授精をする日に超音波検査をします。人工授精の専用処置室などにより、人工授精をおこないます。

(病院やクリニックにより手順は違います)

 

排卵検査薬の仕組みとは?

排卵検査薬にはセンサーがあります。尿の中のLHホルモン値というものがあります。このLHホルモンが一定の数値を超えるとセンサーが感知します。


人工授精の費用

1回で終わればいいのですが・・・

クリニックや病院によって金額は違いますが1回あたり、2~3万円程度の金額です。保険は適用外になりますので、注意してください。

ちなみに体外受精は約20万~50万。顕微授精は約3050万前後のお金がかかります。

さらに、成功率は低く、実際のところは3~10%程度と言われています。

つまり、1回の治療ですめばいいのですが、何回も治療をすると不妊治療の料金がどんどん増えていきますので注意が必要です。

人工授精を考える場合は、必ずセットで、「精子の質」「精子の運動率」、「精子の数」や「精子の検査方法」についても知っておく必要があります。精子をキチンと検査したら、しばらく治療が必要だということが良くあります。 

エスセットクリニックの男性不妊検査

エスセットクリニックでは、精子の検査に加え、血液検査、尿検査、精巣などの超音波検査等精液以外の男性不妊要因の検査がまとめておこなえる男性不妊初診セットがあります。

精子に問題があるといわれた方が多くお受けになられている検査となっており、代表的な男性不妊要因とされる精索静脈瘤などもこの検査で診断、治療の必要性の判断ができます。


人工授精の成功率は?

人工授精の成功率は、310%前後です。あまり高い数字ではありません。

クリニックや病院にもよりますが、人工授精の回数は卵巣機能の目安となるAMH(抗ミュラー管ホルモン)、女性の年齢、不妊原因、これまでの治療歴により決めることがほとんどです。

人工授精をしたからと言って、必ず妊娠するわけではないので、複数回行う必要があることを知っておきましょう。

510回おこなっても妊娠しない場合、「体外受精」をステップアップとしてすすめる医師が多くいます。

しかし、「体外受精」になってしまうと、費用も治療も負担が大きくなるので、足踏みをしてしまう・・・という人が多いのが現状です。


人工授精はどのくらい続けたらいいのか?

成功率の低い治療の為、治療は通常何ヶ月もかかります

人工授精の成功率は、3~10%と言われています。
クリニックや病院にもよりますが、510回程度、人工授精の治療を行い、子供ができない場合ステップアップを進める医師が多いのが特徴です。

人工授精は男性の協力が不可欠になります。必ず夫婦で取り組み、食生活やストレスなど日常生活の見直しも含めて取り組むようにしてみましょう。


以下のページもご覧ください

治療メニューのご案内

当院の治療メニューについてご紹介しております。

検査メニューのご案内

当院の検査メニューについてご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6262-0745
受付時間
11:00~18:00
定休日
無し