〒101-0033 千代田区神田岩本町1-5-7F
(JR秋葉原駅昭和通り口徒歩4分、岩本町A6出口徒歩10秒

受付時間
11:00~18:00
 定休日  
無し

  お気軽にお問合せください  

03-6262-0745

エスセットの精索静脈瘤治療は
“結果にこだわった”新しい治療です

男性不妊症の代表的な原因である『精索静脈瘤』について、 今までの治療プロセスをさらに進化させた新たな治療プロセスを提案します。“治療の結果にこだわる”当クリニックの特別な治療プログラムです。


精索静脈瘤とは

男性不妊症の代表的な原因として『精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)』というものがあります。

これは、精巣(睾丸)の血流が何らかの原因で悪くなってしまい、逆流してしまう現象です。逆流した血液はあたたかい血液であり、このあたたかい血液が「精巣」を温めてしまいます。

「その結果、精巣周辺の熱を解放することができず、精子の運動率や精子形成に悪影響を生じます。精巣は熱に弱く、熱を解放できないと、精子の質を悪くしてしまう原因となります。

この『精索静脈瘤』は、通常、軽度の場合は薬物療法やサプリメントなどにより改善が図られ、 程度が重くなると手術という手段が選択されます。


現状の治療の問題点とは

"精子の運動率が悪い ⇒ 重度の精索静脈瘤がある ⇒ 手術をする"

一見、この治療プロセスには何の問題も無いように感じます。しかし、エスセットクリニックの検査技術と組み合わせることにより、さらに効果的な治療プロセスを構築することが可能となります。

ごく一般的な精索静脈瘤の手術とエスセットクリニックの手術には以下のような違いがあります。


つまりこれまでは、手術をすればそれで終わり、本当に良くなったのかどうかわかりにくく、良くなったかどうかがわからないため、この後の不妊治療をどうすればよいか?につながりにくい傾向にありました。

エスセットクリニックでは手術前の高度な検査と、3ヶ月後にエコーを使った静脈瘤の検査を行います。
本当に逆流が無くなっていることが確認できることで、安心して今後の生活を送ることもできます。

さらに、手術から6ヶ月後に精子の高精度検査を行います。
また精子の質がDNAレベルで良くなっていることを確認できれば、思い切って体外受精にチャレンジすることもできます。DNAの質が正常になっていることが確認できれば、しばらくは自然妊娠を狙う計画も納得して進めることができます。

実は、私たちとしては、手術が上手くいったかどうかを赤裸々にしてしまうこのプロセスは、相当な自信がなければできない、挑戦的な試みですが、覚悟をもって臨んでいます。

ほとんどの方にとって、精索静脈瘤手術は、“一生に一度の手術になります。

患者さんには痛い思いをしたこの手術が、今後の不妊治療の道しるべになるよう、結果にこだわった治療を行い、納得できる治療選択をしていただきたいと思っています。

1. 術前検査+高度精子検査

血液検査、尿検査、精子の検査(運動率+精子濃度)をおこないます。
ここまでは通常のクリニックと一緒ですが、エスセットクリニックでは、術前検査に加えて、高精度精子検査Bコースを行います。(Bコースの費用は検査費用に含まれます

この検査は、精子の数や運動率といった基本項目から一歩ふみこんだ検査項目である、「DNA構造異常」「先体反応誘起能」「ミトコンドリア局在」「耐凍能」など、精子の質についての詳細検討を行うことが目的です。エスセットクリニックにおける、最高の精子検査方法です。

. 精索静脈瘤の手術

精索静脈瘤の手術をおこないます。通常、医師2名、看護師1名、補助1名の4名体制で行います。局所麻酔です。ご本人の好きな音楽を流しながらリラックスしたムードの中、1時間程度の手術になります。

3. 翌日検査

エスセットクリックでは手術当日のみならず、手術の翌日にも傷口の状態をチェックし、異常の発生がないかを適時に発見できる体制をとっています。

4. 3か月後検査

精索静脈瘤の手術により、血液の逆流等がどの程度改善しているのかを、エコー(超音波装置)を用いてチェックします。ほとんどの方はこの時点で、精巣に悪影響をおよぼす逆流が無くなっていることを実感できると思います。

また、精子の質が順調に改善しているかを、簡易精子検査で確認します。(これらの検査費用も手術代に含まれます)

5. 6ヶ月検査

精索静脈瘤の手術後、6ヶ月が経過した時点で、もう一度、高精度精子検査Bコースを行います。(Bコースの費用も手術に含まれます)

この検査を再度行うことで、精子の数や運動率だけでなく、先体反応やミトコンドリア局在などにどれだけ変化があったのか?具体的な数値を比較検討します。


なぜ精子の状態をチェックする必要があるのか

手術で改善した場合でも手術で改善しない場合でも、精子の質を把握しておくことはとても大切です。

なぜなら、 次にすすむべき治療手段を適切に選択できるからです。『精子の運動率』などは、非常に重要な要素です。
しかしながら、表面的な一側面に過ぎないということもまた事実です。

 これは、人を例にすると分かりやすいかもしれません。

例えば、人が具合が悪くなったときに、
・普通の人より動きが遅いようである
・普通の人より顔色が悪そうである
という判断をしているようなものとお考え下さい。

それ自体は重要な要素ではありますが、例えば血液検査をしたり、超音波検査をしたり、より詳細な状態を把握できれば、 打つ手が効果を発揮する可能性も高まります。

これは、『精子の状態』についても同じことが言えます。
術前・術後でより詳しい検査を行い、精子状態を正確に把握することで、 
改善の程度を正確に把握し、 また、改善しない場合の原因特定ができる可能性が高まるのです。

精索静脈瘤の手術は、身体的にも金銭的にも痛みを伴うものです。
その大きな決断をするにあたっては、前後のフォロー体制までもしっかりと整えておくことをお勧めします。

当クリニックでは、手術後も責任をもって不妊治療が上手くいくようにサポートさせていただきます。


精子をより詳しく検査

エスセットクリニックでは、 男性不妊症に関連する4つの要素を、より詳細な検査により明らかにします。 通常よりも詳しい精子検査をすることで、現状をより正確に把握し、これからご夫婦が行う不妊治療の成功率を高めるサポートを行っていきます。
高精度な精子の検査(精子のDNA損傷率、卵への突入能力他)を手術前後ですると、より詳しく精子の状態を知ることができます。手術を受ける前と、受けた後で正確なデータなどがあると、顕微授精や体外受精での成功までの回数、妊娠の確率などがより予測しやすくなってきます。

精子の質がDNAレベルで改善していることが確認できた場合には、手術前にうまくいかなかった体外受精にも自信を持って臨むことができるのです。

1.DNA構造異常

DNA二重鎖切断陰性率というものを測定することにより、DNA断裂がどの程度生じているかを把握します。

射精した精液には、個人差はありますが、通常は、DNAが壊れた精子(DNA損傷精子)が混在しているのが普通です。良好精子の選別作業をご自身の精子の状態に合わせて行いますが、最終的に体外受精に使用できる精子かどうか、単一ヒト細胞(精子一匹)に由来するDNA fiberを断片化する高度な技術を使用し、精査します。

選別後精子で、DNA2重鎖切断陰性率6090が目安になります。
充分な精子数とDNAや先体反応(卵への突入能力)の数値が格段に良化した場合には、自然妊娠狙いの治療に切り替える判断もできます。

体外受精を検討する際には、この作業を経て品質管理された無菌かつDNA損傷の少ない良好精子を使用することにより、流産等の様々なリスクを低減させることに寄与できると考えます。

2.先体反応誘起能

精子の卵侵入に必要な能力である「先体反応誘起能」、すなわち卵子に突入する能力の程度を把握します。

精子濃度(精子数)や運動率に問題がなくても、精子の卵子に突入する能力(先体反応)の程度が低い場合があります。この場合、そもそも体外受精や顕微受精に適合しない可能性があります。

本検査では、特殊な試薬と蛍光顕微鏡を用いて、精子の先体部分を染色します。

3.ミトコンドリア局在

ミトコンドリアの運動エネルギー生産能を把握し、中片の形状を観察します。

精子中片(首の部分)には運動エネルギーを供給するミトコンドリアがあります。この画像はミトコンドリアに蛍光物質を取り込ませ、緑色蛍光検査によりミトコンドリアのエネルギー産生能と中片の形状を観察します。

未成熟な精子はこの中片部の形状が成熟精子と異なる場合が多く、精子成熟性の検査としても有用です。この検査により、精子の中片部の形態が詳しく観察することができます。

非運動精子には蛍光物質が取り込まれないため、精子の運動能があることを画像上で確認できます。

4.耐凍性(保存に耐える能力)

精子が凍結保存に耐える能力があるのか?を検査します。これまで技術的に難しかった冷凍精子の保存技術。エス・セットクリニックでは、融解した時の精子生存率を高く維持したまま、凍結保存することが可能です。

冷凍保存をすることで、複数回にわたり、質の良い精子を貯めることができます。これにより、まとまった数の精子をストック保存することが可能になっています。

 このように精子状態の詳細を把握することにより、以下のような効果が得ることができます。

精索静脈瘤の手術による影響を詳細に把握でき、 その結果、 治療の効果が十分であることの確認、もしくは、不十分である場合の次の手立てを選択するための重要な情報を得ることできるということです。


院長の佐藤です

精索静脈瘤の治療にご興味をもっていただき、ありがとうございます。

エスセットクリニックの院長、佐藤です。精索静脈瘤は男性不妊の大きな原因となっております。

精索静脈瘤の治療では、術後の精子の改善が分かりづらく、クリニックの中には術後検査を全くしないところもあります。

エスセットクリニックでは、高度精子検査Bを手術前と手術後に行うことで、精子の質を目に見える形と、データとして残し、現状をより正確に把握することで、今後の不妊治療の成功率を上げていく試みをしています。

身体的にも金銭的にもできるだけ負担のすくない治療を目指し、万全のフォロー体制も用意しております。不妊でお困りであれば、ぜひ一度ご相談いただければと思っております。


執刀する外科医について

エスセットクリニックでは、日本でも数の少ない、男性不妊専門の医師、精索静脈瘤の治療について詳しい医師が8名も在籍しています。執刀する泌尿器科医師も4名おります。

どの医師も、手術経験が豊富な泌尿器科の医師です。高度な技術が必要なロボット手術の認定資格も取得した医師もおります。

精索静脈瘤の治療をお考えなら、エスセットクリニックにご相談くださいませ。


エスセットクリニックの手術内容

エスセットの精索静脈瘤手術は、“治療の結果にこだわる”特別な治療プログラムです。
手術前の高精度精子検査Bコースを行い、現状の精子の質の確認をします。術後の翌日に傷のチェック、3ヶ月後にエコーを使った血液の流れの検査と簡易精子検査を行います。さらに、精索静脈瘤の手術から6ヶ月後に精子の高精度精子検査Bコースを行います。

エスセットクリニックの手術内容           金額      2018年6月1日時点
精索静脈瘤 片側のみ手術
(精索静脈瘤手術+術前術後の高度精子検査Bコース、3か月後の簡易精子検査とエコー検査費用も含みます)

29万

※高精度精子検査Bコースが2回、効果測定のエコー検査含む

精索静脈瘤 両方のみ手術
精索静脈瘤手術+術前術後の高度精子検査Bコース、3か月後の簡易精子検査とエコー検査費用も含みます

41

高精度精子検査Bコース2回、効果測定のエコー検査含む

術前検査の費用は含みません。
精索静脈瘤の治療でお困りなら、エスセットクリニックにご相談くださいませ


以下のページもご覧ください

当院の特徴

当院の特徴についてご紹介しております。

アクセス

当院の概要とアクセスマップを掲載しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6262-0745
受付時間
11:00~18:00
定休日
無し