〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町1-5-7F
(JR秋葉原駅昭和通り口徒歩4分、岩本町A6出口徒歩10秒

受付時間
11:00~18:00
 定休日  
無し

  お気軽にお問合せください  

03-6262-0745

顕微授精(ICSI)とは

日本では、不妊治療・妊娠治療を選択するカップルが毎年増えています。女性の初婚年齢は29.1歳と晩婚化が進んでいます。卵子の『老化現象』のため、35歳を超えると妊娠しにくい状態となることが明らかになっており、これまで以上に不妊に悩むご夫婦が増えています

夫婦の35%が子を作れずに悩みをもっており、18%は不妊治療へすすむといわれています。不妊治療には種類があり、その中でも増えているのが「顕微授精(けんびじゅせい)です」。タイミング療法や人工授精でもダメだった場合、体外受精や顕微授精をすすめられます。

では顕微授精とはどのような治療でしょうか?


顕微授精(ICSI)とは

顕微授精

顕微授精は、『妊活の最終手段』と言われています。

卵子に1匹の精子を注入して授精させる方法を、顕微授精(ICSI、卵細胞質内精子注入法)と言います。人工授精をしても子供ができない・・・妊娠しない・・・というご夫婦などが「顕微授精」を事実上、最後の不妊治療として選びます。

顕微授精の歴史は浅く、まだ25年ほどしかたっていません。しかし、不妊症の夫婦の5組に1組が「顕微授精」を選んでいます。5組に1組という割合は、かなり高いと言えます。

精子の質などにもよりますが、体外受精(IVF)よりも顕微授精の方が、受精の確率は高くなるといわれています。

しかし、人によっては「顕微授精」を何度もためしたが、だめだった・・・という方も多くいらっしゃいます。

不妊には男性側にも原因があるため、男性側の精子の状態(運動率や精子の数)が極端に良くない場合は、いきなり顕微授精をすすめられることがあります。 「精巣」から直接精子を回収する手術をした場合など、精子の数が著しく少ない場合などは、顕微授精が唯一の選択肢になります。


顕微授精と体外受精の違いとは?

体外受精は、卵子の入った容器に選別された良好精子を振りかけて自然に受精するのを待ちます。

一方で、顕微授精は、胚培養士が良好として選んだ1匹の精子を、細いガラス針の先に入れて、顕微鏡で確認しながら卵子に直接注入し、人為的に受精を行います。

つまり、体外受精は精子が自力で卵に突入し、卵との力で受精が起こるため、より自然に近い受精となります。顕微授精は人工的な技術を用いて受精させるため、この点が大きな違いといえます。

日本生殖医学会の報告によると、顕微授精による受精率は50〜70%と言われています。人為的に受精させる分、体外受精に比べて高い受精率を示しています。

体外受精、顕微授精

顕微授精から自然妊娠にステップダウンできるケース

顕微授精を何度も繰り返したが失敗。それなのに最終的に自然妊娠をするケースもあります。
下記の2つのパターンがあります。

1)男性不妊要因の見落とし
男性不妊の代表的な原因として『精索静脈瘤』があります。 顕微授精を何度も失敗して、男性不妊外来で精巣をチェックしたところ精索静脈瘤が見つかることがあります。男性不妊治療用のサプリメントや精索静脈瘤の手術により、精液所見が大幅に改善するケースが良くあります。

2)治療に疲れてしまい、ステップダウンしたところ、自然妊娠
顕微授精を続けていると精神的に疲れてしまう方もいます。そういうときには3~6周期程度治療をお休みして、その間はタイミングを取るというケースもあります。その間にあんまり期待せずのんびり治療に取り組まれているうちに自然妊娠するというケースもあるようです。

ずっと薬でコントロールしてきたのにもったいない。治療のやめどきが難しくなる。というような意見もあるようですが、年齢的に余裕がある方やそれほど期待せず取り組んでいる方には一考の余地がある方法と言えるかもしれません。


妊娠率に惑わされないように

「顕微授精」で授精したからといって、あくまで『受精率』が体外受精に比べて高いだけであり、妊娠の確率があがるわけではありません。 妊娠するためには、受精卵が子宮内膜に定着し、着床しなければなりません。比較的高い率で受精できても、妊娠しない可能性があります。

日本生殖医学会のデータによると、体外受精(顕微授精も含む)後、胚移植あたりの妊娠率は、30歳で42%、35歳で38%、40歳で26%という報告があります。また妊娠した後も、流産・死産してしまう可能性があり、出産に至る確率は、一治療あたり30歳で21%、35歳で18%、40歳で9%と年齢が上がるにつれて非常に厳しい結果になります。

このように顕微授精は人為的に受精まで持ち込む分、受精率が高くなるが、あくまでも加齢をカバーして妊娠率を上げる治療にはならないということも理解する必要があります。

一回50万~100万円するといわれている顕微授精をする前に、ご主人の『精子の実力』を把握し、精子側の状態をできる限り整えることが、最短での妊娠を実現する近道ではないかと私たちは考えています。


顕微授精をするなら『選りすぐりの良好精子』を

顕微授精をするには、よい精子を選ばなくてはいけません。
顕微授精をする場合、質のよい精子を見分けることは非常に大切です。 WHOの定めている精子の基準は、妊娠をするための最低限の値であり、運動率や、精子の数など、WHOの基準に達しているからといって、必ずしも顕微授精や体外受精が成功するとは限りません。

顕微授精、体外受精をする場合、保険が効かないため金額もかかります。 なるべく妊娠率を上げ、より少ない回数で治療を済ませるためにも、事前に精子精密検査をして、顕微授精がうまく行くかどうかの見極めをできるだけお勧めします。

当クリニックでは、DNAに傷の無い良好精子群を選別技術があるので、事前の精子精密検査で良質な精子が確保できる見通しが立っている場合には、かかりつけの先生の許可が得て、利用することも一つの方法だと思います。


以下のページもご覧ください

治療メニューのご案内

治療メニュー

当院の治療メニューについてご紹介しております。

検査メニューのご案内

検査メニュー

当院の検査メニューについてご紹介しております。

お問合せ・ご相談はこちら

問い合わせ【エス・セットクリニック】

お電話でのお問合せはこちら

03-6262-0745
受付時間
11:00~18:00
定休日
無し
03-6262-0745

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。